求職中の人々

正社員と祝いと見習いについて

正社員になると、会社側から、お祝いの祝賀会をしてくださる場合があります。

その場合は、おおよそ入社した4月、または、研修期間などがあり、研修所にいて、会社にいられなかった場合には、6月などに、入社祝いなどを、先輩や上司の方々が行ってくれる場合があります。

正社員になれるケースは、なかなか現在の日本では、雇用情勢が厳しく、職種にもよりますが狭い門となっているためでもあります。

このような正社員になれ、お祝いをしてもらえる一方で、見習い期間として、正社員として登用をしても、万が一、見習い期間中に、何かトラブルなどがあった場合には、正社員であることが取り消されるケースがあります。

または、仮に正社員としての登用となっており、例えば見習いの期間が3か月などの場合には、3か月を経過した後に、正式な正社員として、迎え入れられる形となるケースもあります。

これは、多くの企業で行われていることであり、万が一、見習いの期間に、コンプライアンス、社会的に逸脱した行為、例えば飲酒運転や、何かの犯罪などを行った際には、契約を打ち切る、という方針などからです。

または、あまりにもミスが多い、あまりにも酷い人間関係を構築する、など職場にとって悪影響を与えるケースなど、その他にも、会話や実務がまったく覚えられない、覚える気が無い、などの他、先輩の教えてくれることや上司の指摘などを無視する場合など、このような場合にも、状況によって、見習い期間で契約が打ち切られ、正社員でいることが不可能のなるケースもあります。

これは、会社側にとっても、仮に営業系の会社や接客系の会社であれば、特にお客様の目がとても厳しい世界であるからです。