求職中の人々

大学卒業と同時に正社員で働く大卒入社

この日本では大卒生にとっての就職活動の期間がある程度決められており、就職活動の期間になると学生が一斉に活動を開始する傾向にあります。世界で見ても非常に特徴的なこの習慣は、現代でも引き続き行われており、大学3回生になると多くの学生が将来就職したい業界の研究や企業研究を始める様になります。しかし大学を卒業する学生の多くは正社員での就職に就く事が多く、新卒求人の多くも正社員での募集となっています。そのため雇用形態に大きな違いはないですが、中には契約社員としてのスタートというケースも見受けられますので、事前に確認しておく事が重要です。正社員と契約社員の大きな違いは、雇用契約期間に制限が有るのか無いのかでしょう。雇用期間とは企業との契約の事であり、正社員の場合は永年の契約となりますので、契約期間は存在しません。しかし契約社員の場合は半年や一年といった様な契約が発生します。つまり、契約期間の終了と同時に契約が更新されない可能性があるという事を意味します。企業の業績や個人のパフォーマンスの評価によって決められる事が多いので、必ず契約を更新されるとは限らない点は事前に理解しておく事をお勧めします。大卒生の場合は出来るがけ、正社員での就職を希望する人が多いので、求人を見る際には雇用形態にも注目をして見ておきましょう。大学卒や大学院卒、そして短大卒等で雇用形態に変化が現れる可能性もあります。雇用形態がかならずしも企業を選択する重要な点とは限りませんが、長く企業で勤務したいと考える人にとっては、一つの重要なポイントとして検討しておきましょう。入社後にミスマッチとならない事も企業を選択する上で重要なポイントとなるでしょう。