求職中の人々

正社員で働くメリットとデメリットについて

正社員で働く一番のメリットは、社会的信用が得られることであり、安定した収入を長期で受けられる事です。
世の中は、時代とともに変化していて、ずいぶん自由な世の中になっています。
しかし、まだ世間の目というものは、厳しいものがあります。
クレジットカードを作ったり、銀行からお金を融資してもらう時や、車や住宅のローンを組む時に正社員の方が審査に通りやすくなります。
また、毎月、確実に給料がもらえるというのは、正社員の一番大きいメリットです。
それ以外にも、厚生年金保険や健康保険といった社会保険に加入できます。
そのため、病気や怪我をした場合も治療費を心配することなく病院に行く事が出来ます。
他にも、会社により様々ですが、住宅手当などの福利厚生が利用できます。
また、仕事に対する研修や教育が充実している為に、スキルを上げる事が出来ます。
有給休暇がもらえたり、ボーナスがもらえたり、働いた年数に応じて退職金がもらえるというのも大きなメリットです。
そんなメリットが大きな正社員ですが、デメリットもあります。
一番のデメリットは、会社に拘束されるために、自分の好きなように自分の時間を使う事が出来ないということです。
正社員は、アルバイトと違い、責任が発生します。
責任が発生するという事は、それに対するストレスも大きくなります。
また、成果を出さないと、減給されるなど責任を取らなければならないのも社員です。
そのため、自分の都合で簡単に休んだり、長めの休みを取るという事は、出来ません。
自分ややりたくない仕事でも、会社側から命令されればやらなければなりません。
出張や転勤も簡単に断る事は不可能です。
また、休日出勤や残業も基本的には従わなければなりません。
メリットが大きい分、デメリットもあります。
それを考えたうえで、自分の働き方を考えてみてはいかがでしょうか。